テレビを見ながらお茶を飲む

特に意味もない他言無用なしがないブログ。

グラビアアイドル青沼ちあさのAVデビューを今か今かと待った青春時代

美少女・青沼ちあさといえば、90年代にグラビア雑誌、いわゆるえろ本でよく巻頭グラビアで見かけた制服アイドルだ。彼女の場合ヌードは見せるのだがAV出演は無理というパターン。でも、そのうち脱いで男どもは待ってましたとばかりにアダルトビデオを見るわけだ。まあ今で言えば着エロアイドルだね。


最初は脱がないと言ってたけど、あとで脱いだのは色々と心境の変化があったのだろうか。それとも最初からのメーカー戦略としてファンをじらしたのだろうか。基本的に前者の場合が多い。小森愛とかもそうだった。しかしそのパターンが多くなると、何となく最初からのメーカー戦略のような気もしてならない。どうだろうか。
パンチラだけのグラビアアイドルの場合は、そのまま本当に終わってしまう場合も多いがヌードを見せた場合は、だいたいカラミまで行くよね(謎


青沼ちあさ、よく見れば、それほどの美少女というわけでもないのだが、ああやってじらされた後にアダルトビデオを見るのは格別だ。わはは、まんまとメーカー戦略にハマってしまったらしい。彼女のベスト盤のアダルトビデオ、青沼ちあさベスト 君といつまでも 今でもお宝です。