テレビを見ながらお茶を飲む

特に意味もない他言無用なしがないブログ。

センター試験の思い出は時間が足りない。

センター試験に記述試験が追加されるとかの話を聞いた。自分が高校の頃そのセンター試験が始まって、それ以前は「共通一次試験」という言葉で呼ばれていた。もはや昭和の思い出。共通一次と聞くと、いかにも受験戦争という感を子供ながらに受けたものだ。それがセンター試験と言う言葉に代わって何だか語感が軽くなった。

ところでセンター試験だけど、とても時間が短い試験だったと思う。国語は時間ぎりぎり・・。英語に至っては一度も時間が足りたことは無い。つまり最後の方の問題は時間切れで解けないのだ。最後に長文が3つあって、配転的に高い最後のから解いて、前二つの長文は時間次第。だいたい1つはいつも時間がなくて終わってしまう。だから無論見直しすら出来ない。ほんと1分1秒が大切な試験だった。

自分が力不足なのか?知り合いの頭いい奴の聞くと、そいつは全問回答して、とりあえず一通り見直し出来るレベルだと言っていた。だが時間的にきついとも言っていた。ちなみに俺の英語の偏差値は60は超えている。いつも時間切れだけどね(笑

他にも記述式試験とか、私大向き試験とかあるけど、時間的に余裕です。とにかくセンター試験だけは時間が足りない。おそらく多くの受験生がそう思っていたと思う。非常に嫌な試験だった。

 

 

グラビアアイドルの女子プロレスがセクシーで色っぽい。

そういやスターダムという女子プロレスで凄惨マッチをいわれた試合の2人、ともに引退だそうですね。ヨシコのほうが謹慎処分にあと自主引退。安川さんの方も体調が思わしくないらしく、引退試合になるとかニュースに載ってたようです。結局両者ともリングから去っていくこととなりました。

あの試合のせいで女子プロレスという存在を知るきっかけにはなりましたね。いや知っていたけど、クラッシュギャルズの頃しか知りませんでした。最近の女子レスラーは美女が揃っていますね。これにはビックリ。何でだろう・・・。実力にルックスは関係ないはずだ。でもこうも綺麗な美女ばかりが揃っているのは、採用条件か?でもブサイクなら不採用とか無いはずだ。そもそも入門テストがあり、体力なければ合格しないはずだ。ふと思った。ある程度ルックスに自信が無いと応募してこないんじゃないかな?本当に格闘技に強い人なら、もっと他の道に進むはずだし、公式なというか、オリンピックとか目指すはず。ショー的な女子プロレスはある意味アイドルであり、ルックスに自信が無いと自分から遠慮しているかもしれない。そういやヨシコは浮いていたもんな。いかにも悪役番長という感じだった。昔風に言えば、ダンプ松本ブル中野だろう。今どきの女子プロレス界では珍しい存在だ。ゆえに目立つね。

 ところでネットで調べてみると、意外と女子プロレスって多い。テレビにでる大きな団体ではなくて、普通のグラビアアイドルがプロレスをする。もちろん屈強なわけもなく、いわゆる「なんちゃってプロレス」でも、ごく普通のグラビアアイドルがリングに上がるのだ。ファンにとっては大丈夫だろうかとハラハラドキドキな展開。BATTLE プロレスアイドル列伝 金城真央VS男子レスラー 見てみると面白い。ルックスレベルは高い。さすがはグラビアアイドル。見る方としては「何か・・・」を期待してしまうのだが、アイドルゆえに裸体の露出は無かった。うーん、残念・・・・。

 

 

オコタでブログ記事作成飽きたら読書の生活

だいぶ寒くなった。オコタに籠って一日を暮らす。やることは多いが腰が上がらない。そうやって毎日がダラダラ過ぎていく。しょうがないので本でも読んだりする。別に読書が好きなわけでもないが、結構な数の本を読んでいる気がする。いつもネットで中古本で買う。歴史ものが多い。

さて今日もブログをつくらないといけない。まだ稼げていないアフィリエイターなのだ。まあ自称だけどね。10万円を超えるようなら威張って言えるのだろうが、まだまだ道は遠い。

しかしどうして俺ってこんなにセンスが無いのだろう。まあ賢ければ一流大学にでもはいれていただろう。これが俺の本来の実力と言うべきだろう。コツコツと時間を掛ければ目標を達成できそうなのもこの世界だ。だが成長が遅いと、そのうち気持ちがすたれてきてしまう。

また本でも読もう。そういや来年度はNHK大河で真田丸ということだ。今年の大河は不人気だったらしいが、来年は大丈夫だろう。ニッチなジャンルを攻めるのはアフィリエイトだけで十分。NHKはドンとビッグキーワードで攻めるべきなんだよね。単純に人名単独タイトルで十分だと思うよ。